20160430towel0

今治タオルの洗濯方法6 柔軟剤の効果的な使い方

※ご覧のページの表示価格(税込)は旧税率のままの可能性がありますのでご了承ください。

洗濯で、衣類をやわらかく仕上げたいときに使う柔軟剤。

 

柔軟剤は、繊維の表面に潤滑性のある薄い皮膜を作ることで、触った時の摩擦抵抗を減らし、洗濯物の肌触りがやわらかく感じられるようになるものです。繊維自体をやわらかくするわけではありません。

 

ですから、新しいタオルに使用してもあまり効果は感じられず、表面がコーティングされることで逆に吸水性が落ちたり、繊維がすべってパイルが抜けたりする場合があります。

今治タオル

すこし硬いかなと思ったら

今治タオルに関していえば、柔軟剤は毎回投入するのではなく、タオルが前よりゴワゴワする、硬くなったと感じるときに使うのが効果的です。綿毛布など、吸水力をあまり必要とせず、柔らかな肌触りを求めるようなものには、洗濯の度に柔軟剤をお使いになってもかまわないでしょう。

 

また、タオルに香り付けをしたい場合は、柔軟剤ではなく、洗濯後にファブリックミストやランドリーミストをお使いになるのもおすすめです。

 

高品質のタオルはちゃんと使ってあげれば相当に長く使うことができます。

 

 

【こちらの記事もご覧ください】

  • 少ない水で洗濯できるエコ思想から、急速に普及してきたドラム式洗濯機。叩き洗いという洗濯方式で、繊維がペッタンコになるため、タオルのパイルはまるでプレスしたようにつぶれてしまいます。…

  • パイルのほぐし方は簡単です。タオルを広げて(バスタオルなど大きなものは2つ折りで)端を両手で持ち、空中で大きく上下に振ります。   パイルを立ててあげましょう 少し強めに…

  • 遠心力で洗濯物から水分を飛ばす脱水は、とても便利な機能です。   ただ、かなり強い力で洗濯物が洗濯槽に押さえつけられるので、脱水後にフタを開けてみると、洗濯槽の端に洗濯物…