今治タオルの洗濯方法 ドラム式洗濯機

今治タオルの洗濯方法5 ドラム式洗濯機

※ご覧のページの表示価格(税込)は旧税率のままの可能性がありますのでご了承ください。

少ない水で洗濯できるエコ思想から、急速に普及してきたドラム式洗濯機。叩き洗いという洗濯方式で、繊維がペッタンコになるため、タオルのパイルはまるでプレスしたようにつぶれてしまいます。

今治タオルの洗濯方法 ドラム式洗濯機

乾燥までしてください

自然乾燥でこれを元の風合いに戻すのは至難の業。
そこで、ドラム式の場合は、洗濯から乾燥まで一気に使っていただくのがおすすめです。

 

ドラム式の乾燥は、槽を回転して下から上へ衣類を舞い上げて、風を入れながら適度にたたきつつ動かし乾かします。しっかりとパイルがほぐされ立ち上がるので、とてもふんわりやわらかく仕上がります。

 

お外で干したい場合には

ドラム式だけれど、どうしても天日干しをしたいという場合には、洗濯後、少し乾燥機能を使ってパイルを立ち上げてから、外に干すという方法もあります。

 

乾燥機能のないドラム式の場合は、デリケートな衣類(ウール、シルク等)用のコースを選んで、水量最大で洗うことで、パイルをつぶれにくくすることができます。洗った後はしっかり振ってパイルをほぐしてから、日陰に干しましょう。

 

 

【こちらの記事もご覧ください】

  • 乾燥機を使えばタオルを一番ふんわりやわらく仕上げることができるのですが、やはり洗濯物は天日干しの方も多いと思います。 干して乾かす場合は、干す前に、タオルを大きくバサバサと振ってよ…

  • 遠心力で洗濯物から水分を飛ばす脱水は、とても便利な機能です。   ただ、かなり強い力で洗濯物が洗濯槽に押さえつけられるので、脱水後にフタを開けてみると、洗濯槽の端に洗濯物…

  • パイルのほぐし方は簡単です。タオルを広げて(バスタオルなど大きなものは2つ折りで)端を両手で持ち、空中で大きく上下に振ります。   パイルを立ててあげましょう 少し強めに…