今治タオルの脱水

今治タオルの洗濯方法2 脱水後は放置しない

※ご覧のページの表示価格(税込)は旧税率のままの可能性がありますのでご了承ください。

遠心力で洗濯物から水分を飛ばす脱水は、とても便利な機能です。

 

ただ、かなり強い力で洗濯物が洗濯槽に押さえつけられるので、脱水後にフタを開けてみると、洗濯槽の端に洗濯物が固まってビッタリと張り付いているような状態です。

 

今治タオルの脱水

つぶれたまま固くなってしまいます

この強い圧力により、やわらかいタオルのパイルはつぶれてしまいます。
洗濯したタオルがゴワゴワになるのは、ループパイルがつぶれて寝てしまうことが主な原因です。そのままの状態で放置されてしまうと、ギュッと圧縮されたまま表面が乾き、もとの質感に戻りにくくなります。

 

乾燥機付き洗濯機であればそのまま乾燥行程に入るので問題ありませんが、普通に干す場合は、脱水が終わったらすぐに取り出し、よくほぐすことが大切です。

 

濡れたままだと雑菌が繁殖します

また、脱水したまま長時間放置してしまうと、雑菌の繁殖で匂いがつくことも。洗濯終了の合図を聞き逃さず、すみやかに取り出すようにしましょう。

 

 

【こちらの記事もご覧ください】

  • 少ない水で洗濯できるエコ思想から、急速に普及してきたドラム式洗濯機。叩き洗いという洗濯方式で、繊維がペッタンコになるため、タオルのパイルはまるでプレスしたようにつぶれてしまいます。…

  • パイルのほぐし方は簡単です。タオルを広げて(バスタオルなど大きなものは2つ折りで)端を両手で持ち、空中で大きく上下に振ります。   パイルを立ててあげましょう 少し強めに…

  • タオルと長く上手につきあうためには、いくつかおさえておきたいポイントがあります。 もっとタオルとなかよくなりたい人に知っておいてほしい、タオルとのお約束。 今回は、お洗濯のTips