20160502towel_sentaku1a

今治タオルの洗濯方法1 多めの水で

※ご覧のページの表示価格(税込)は旧税率のままの可能性がありますのでご了承ください。

洗濯を繰り返すことによって、タオルの糸のボリュームや弾力性がなくなり、少しずつ硬くなってしまうのは避けられません。でも洗濯の方法や干し方にちょっと気をつけるだけで、タオルの肌触りを長持ちさせることができるのをご存知でしょうか。

今治タオルの洗濯

たっぷりの水で洗うこと

エコの観点から家事全般においても節水節電が謳われるようになって久しいですが、実は洗濯にとって大事なのは十分な水の量で洗うことです。

 

水の中で洗濯物が大きく動くことで、溶け出した汚れがしっかりと洗い流されます。また、生地の痛みも考えると、ギチギチと他の衣類とこすれ合わない状態が理想的。特にタオルのように毛羽落ちがあるようなものは、タオルがゆったりと泳ぐくらいのたっぷりの水で洗いたいところです。

 

今治タオルの洗濯

すすぎも大事です

すすぎにも十分な水量が必要です。
すすぎは、洗剤で溶かしだされた汚れを含んだ水を薄めていき、本当の意味で洗濯物から汚れを落とす作業です。タオルのように水分を良く吸うものは、汚れた水も吸収しやすいので、それをしっかりとすすぎ落とすことが大切です。

 

とはいっても、いつも大量の水をジャバジャバと贅沢に使うことは気が引けます。洗濯物の汚れの度合いや、生地の性質を見極めて、それに応じて水量を調節してみましょう。

 

全自動洗濯機は、衣類を入れてスタートボタンを押すと自動で衣類の重さを測って適切な水位を表示してくれる便利な機能を備えていますが、洗濯機の示す水量はあくまで目安程度に考えて、ご自分の目で確かめて、タオルが水の中でちゃんと動くような水量で洗濯をするように心がけてみてください。

 

 

【こちらの記事もご覧ください】

  • 少ない水で洗濯できるエコ思想から、急速に普及してきたドラム式洗濯機。叩き洗いという洗濯方式で、繊維がペッタンコになるため、タオルのパイルはまるでプレスしたようにつぶれてしまいます。…

  • 遠心力で洗濯物から水分を飛ばす脱水は、とても便利な機能です。   ただ、かなり強い力で洗濯物が洗濯槽に押さえつけられるので、脱水後にフタを開けてみると、洗濯槽の端に洗濯物…

  • 洗濯で、衣類をやわらかく仕上げたいときに使う柔軟剤。   柔軟剤は、繊維の表面に潤滑性のある薄い皮膜を作ることで、触った時の摩擦抵抗を減らし、洗濯物の肌触りがやわらかく感…