タオルのトラブル(毛羽落ち)

※ご覧のページの表示価格(税込)は旧税率のままの可能性がありますのでご了承ください。

今治タオルはふんわりやわらかく、身体を拭くのが楽しくなりますが、小さな繊維(毛羽)が体についてしまう、というお困りの声もいただきます。

 

タオルは綿織物であり、数多くの綿繊維を束ねて糸を作っておりますので、そこから小さな短い繊維が滑脱してしまいます。これは織物である以上、完全に防ぐのは難しく、織物の仕組みによってはとても出やすくなってしまいます。

 

例えば柔らかくするためにパイルを切ったシャーリングタオルや、糸の撚りの甘いものや無撚糸のタオルなどは、毛羽の出やすいタオルとなります。逆に撚りが締まった固めのタオルや、パイルの無いガーゼタオル等は毛羽が少ないタオルとなります。

 

今治タオルのSUKUSUKU iori

毛羽落ちを防ぐ

毛羽を取り除く方法としましては、お洗濯でのくず取りネットが一番です。たっぷりの水でお洗濯して、糸の隙間にのこる細かな繊維を、くず取りネットで拾い集めましょう。

 

節水や洗濯回数を減らす目的で、洗濯機にいっぱい詰め込んで洗うこともあるかと思いますが、そうすると、落とした毛羽が拾えず、また洗濯物に付着してしまい、使用時に身体に付いてしまいます。洗濯槽の中でタオルが泳ぐくらいを目安に、多めの水量でしっかり毛羽を落としてください。

 

また、毛羽についても「柔軟剤」を過度に使用しないことが大切です。

 

柔軟剤はタオルを柔らかくしますが、綿と組織の摩擦力と抵抗力も大きく落としてしまい、毛羽落ちを誘発します。また、パイル抜けへの抵抗力も落ちてしまいます。一度細かな繊維を落としたのに、柔軟剤を過度に使ったことでより長い繊維まで抜けてくる、そのようなトラブルは避けたいですね。

 

ドライユースとウェットユース

まずはお洗濯をオススメします

購入直後は毛羽やホコリなどが付いていたりしますので、たっぷりのお水で、柔軟剤無しで単独洗いをオススメしております。ご利用前に一度お洗濯することで、余計な毛羽を落とすとともに、綿組織を引き締めて、毛羽落ちを防ぐことができるのです。

 

毛羽落防止

タオルと柔軟剤

一般的に織物は、タオルに限らず、柔軟剤がついた状態で販売されます。店頭で手触りがいいほうが売れやすい、また繊維保護の役割も兼ねて、柔軟剤が使用されることが多いのですね。タオル等、肌に触れる商品は、やわらかいか固いかを確認して購入しますので、柔軟剤が付いています。しかし柔軟剤は水を弾きますので、一度洗って柔軟剤を落とし、はじめて水をよく吸うタオルとなります。「おろしたてのタオルは水を吸わない」と言われる所以ですね。

 

今治タオルは「おろしたてでも水を吸う」その高品質を誇りとしていますが、一度洗ってからお使いいただいた方が、長く持つ秘訣でもあります。新車の慣らし運転みたいですね。

 

 

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket