キーワードで検索

無撚糸を使った今治タオル

進化した無撚糸

無撚糸とは繊維を撚ったものとされています。撚りのほとんどない魔法の糸。お湯に溶ける特殊な繊維を綿糸の撚り方向と逆に巻き付け、タオルを織り上げたあとで糸の撚りをほぐし、ふわふわの感触に仕上げます。綿花そのものを思わせるやわらかな感触が無撚糸タオルの魅力です。ただ、無撚糸は繊維と繊維のつながりが弱くなるため、一般的な糸よりも毛羽が脱落しやすいという弱点もあります。
無撚糸を使った今治タオル
この弱点を補うために、繊維が適度に長く、弾力性に富んだ綿を選び、短い繊維を取り除いた上、接着性のある特殊な繊維を芯にして紡ぎ上げます。ふんわりとしたやわらかさはそのままに、毛羽落ちを従来の無撚糸タオルの約半分以下に抑えています。その感触と機能性から、アパレル業界からも新しい素材として注目されています。