綿花栽培の歴史

綿花栽培の歴史

※ご覧のページの表示価格(税込)は旧税率のままの可能性がありますのでご了承ください。

現在までに見つかっている木綿栽培の最古の証拠はメキシコで見つかっており、約8000年前に遡ります。その種類はアメリカ栽培綿ヒルスツムで、現在世界で栽培されている木綿の89.9%がこの種となります。

日本へは799年(延暦18年)三河国(愛知県西尾市天竹町(てんじく=天竺)と言われており、三河国(現在の愛知県)に漂着したインド人によってもたらされ栽培が開始されましたが、成功しなかったようです。綿花は寒さや害虫に弱いため、当時の環境や栽培技術では成功させるのが困難だったようです。

綿花栽培

綿花は寒さに弱いことを除けば、土を選ばず、育ちやすいので世界各国で栽培が行われています。

世界の綿生産のうち、主な生産国は中国とインドです。ただし、国内の繊維産業でほとんどを消費しています。

世界の綿生産のうち、輸出量で上位を占めるのは、アメリカ合衆国、インド、ウズベキスタン、ブラジル、パキスタンです。また全く生産していない主な輸入国は北朝鮮、ロシア、台湾、日本、香港などがあります。

【こちらの記事もご覧ください】