経通しと今治タオル

※ご覧のページの表示価格(税込)は旧税率のままの可能性がありますのでご了承ください。

ビームに糸が巻かれると、織機に糸を通す経通しという工程が待っています。
経通し イメージ

タテ糸、パイル糸、ヨコ糸などを使う手作業となり、「ドロッパー」「ヘルド」「おさ」と呼ばれる織機のパーツに一本ずつ通す作業工程です。

糸の送る側と受ける側の2人1組で1本ずつ手作業で通していきます。ここで間違いがあると機械トラブルにつながるため、いっそう集中力が求められます。この金属板に掘られているひとつひとつの筋に糸を通すなど、根気のいる作業です。

通常、経通しは手作業で行われますが、綜絖(そうこう),筬(おさ)などに経糸を通すための経通し機があり、リーチングインまたはドローイングマシンと呼ばれています。また、織機に仕掛けられている経糸を1本1本つなぐための経継ぎ機を織布準備機械といいいます。

【こちらの記事もご覧ください】