織物の用語集(ら~わ行)

ワッシャー加工

水洗いや熱処理によって、布に不規則な皺(しわ)をつける仕上げです。主としてデニムを素材とするジーンズを製品の状態で、ドラムに入れ回転させながら洗ってしわをつけます。立体的な表面、デザイン効果を与え、布地の欠点も隠しやすく、洗濯収縮が少ない等の利点があります。麻の自然なしわを綿やレーヨンなどで表現するためや、しわを強調した効果を出すために用いることで、最初から洗いっぱなしのようなしわを作れます。