織物の用語集(0~Z)

SEKマーク

SEKマークとは、一般社団法人繊維評価技術協議会(繊技協)が抗菌防臭加工品について、「安全性」と「効果」を審査し一定の基準をクリアした加工品に対して、その品質を保証するマークです。JIS L 1902(繊維製品の抗菌性試験方法及び抗菌効果)に基づく性能評価により審査されます。抗菌防臭加工と制菌加工(一般用途及び特定用途)があり、加工の種類により試験対象菌種が異なります。抗菌防臭加工(青マーク)は繊維上の細菌の増殖を抑制し、細菌由来の悪臭を防ぐ加工で、靴下や肌着などが中心です。制菌加工(一般用途、橙マーク)は繊維上の細菌の増殖を抑制する加工で、一般家庭で使用する製品が中心です。制菌加工(特定用途、赤マーク)は病院、介護施設で使用する製品向けで、白衣、病院用カーテンなどが対象となります。SEKはそれぞれ「S清潔」「E衛生」「K快適」を指します。
SEKマーク


Qマーク

繊維製品品質総合検査制度に基づき、Qマーク管理委員会が繊維製品につける品質保証マークのことです。品質が一定基準の繊維製品を購入するときの目安とするための表示で、検査の項目は、1.生地欠点の有無、2.寸法の検査、3.加工処理剤のチェック、4.染色と収縮の程度、5.表示についての適否などがあります。衣類全般、敷物などが表示対象品目となっています。