繊維の用語集(な行)

ナイロン
ポリエステル、アクリルと並ぶ3大合成繊維のひとつです。1935年にデュポン社が人類が最初に工業生産したもので、正式にはポリアミドといい、樹脂の弱点でもあった耐熱性を改善した高機能樹脂の一つです。最初は商品名でしたが今ではポリアミド系繊維の総称として定着しています。ポリエステルに生産量では大きく水をあけられているが、衣料品としてはスポーツ用品、特に水着に用いられ、両者は合成繊維を代表する二種であるともいえます。ナイロンは、一般的にポリエステルよりも強度が若干強いか、同等程度の引張強さを持ち、耐熱性、難燃性、耐薬品性、耐寒冷性、耐磨耗性といった点に特徴があります。主な用途として、釣り糸、ウインドブレーカー、スキーウェア、合羽、ストッキングなどがあります。