繊維の用語集(0~Z)

AWI

オーストラリアン・ウール・イノベーションの略称で、ウールマーク、ウールマークブレンド、ウールブレンドのライセンス管理活動を中心に原毛から最終製品に至る新商品開発研究、宣伝・販促まで、ウール製品に関わるすべての段階で活動する非営利団体。旧IWS(国際羊毛事務局)


 

S(エス)撚り

糸の撚りの方向をさす表現。右撚りともいう。通常の紡績糸はZ撚り。S撚りが使用される代表例はカタン糸(ミシン糸)。カタン糸はS撚りの糸を3本あわせて、Z撚りによりあわせたもの。カタン糸を作る以外ではほとんどS撚りが使われる場合はないが、天竺編みでS撚りとZ撚りを1本ずつ交互に使用して編むことがある。天竺特有の斜行(編目が斜めになっていること)を防止したり、独特の風合いを出すのが目的。


 

Z撚り

単糸の撚りは通常このZ撚り。双糸の場合はZ撚りの単糸を2本を合わせ、逆方向のS撚りに上撚りをかける。これとは逆に、S撚りもしくはZ撚りの単糸を同方向に撚りあわせることを、ボイル撚りと呼び、シャリ感を出したい時や各種強撚織物を作る時に用いる。図の様に撚りの傾きがZとSの擬することができるので、Z撚りS撚りと称してる。