キーワードで検索

超長綿

今治タオルの超長綿

細くしなやかな糸を生み出す繊維の長い超長繊維綿。しかし、その生育には、気候や土壌など多くの条件が必要な為、限られた地域でしか栽培できず、その生産量は綿花全体のわずか5%にすぎません。
超長綿
セントビンセント島産の海島綿とインド在来種の超繊維綿スジャータとの交配によって生み出されたスビンは、繊維がもっとも細くしなやかな超長繊維綿で、シルクに近いしっとりとした手触りが特徴。インド・デカン高原南部のタミル・ナードゥ州の限られた農家だけで栽培されています。
スーピマとは、高品質なアメリカ産超長繊維綿だけに与えられるブランドで、米国のスーピマ協会が定めた厳正な基準を満たすものにだけその名称が許されます。気象条件によって品質や収穫高が左右されがちな綿の中にあって、常に安定した品質を維持しているのが特徴です。
約100年前に駐エジプト英国総督官邸の庭で偶然発見された、1本の優れた綿の樹から改良を重ねて現在に至ったと言われるエジプト綿。ほかの産地の綿花よりも若干張りがあって強度が高く、古くから耐久性が要求されるものに使われてきました。中でもとりわけ繊維の長い超長繊維綿として、ギザ45、ギザ70、ギザ88などが有名で、新彊超長綿やスビン、スーピマと並んで高く評価されています。