キーワードで検索

石鎚山系の水

今治タオルについて

愛媛県今治市は生産量日本一のタオル産地です。今治は晴れた日が多く、降水量も少なく、山や海の間に位置する穏やかな気候は今治タオルを生産するのに最も適した環境といえます。
 
石鎚山系の水
西日本最高峰の石鎚山付近に流れる川は、伏流水に恵まれ、硬度が低く不純物が少ないのが特徴です。この恵まれた環境の中で作られる今治タオルは、安心・安全をうたった肌ざわりの良いもので、JAPANブランドの名に恥じない上質で年齢層を問わず親しまれるタオルとして全国に出荷されます。
 
今治タオル
近年は、鮮やかなものであったり、無地であったり、飽きのこないボーダー柄など、様々なデザインの今治タオルが店頭に並ぶようになりました。タオルを使う方の柄や触り心地のこだわりなども年々高まっており、今治タオル取扱店「伊織」でも数百種に及ぶデザインのタオルを扱うようになりました。
新製品を積極的に投入して、時代のニーズに合ったタオル製品を開発し、販売するようになりました。