【LINE ID連携はじまりました】
300Pプレゼントは5/末まで

キーワードで検索

ずっと気持ちのいいやわらかさ「umi」柔らかなタオルを手にしたときの、心がすっと楽になるような安心感。ゆったりとやさしく波打つ海のようなイメージと重ね合わせて、使うたびに穏やかな気持ちになれるタオルをつくりました。

やわらかさのヒミツは
織りにあり

umi 生地部分アップ

片面をガーゼにし、程よく密度をゆるめながら織りに変化をもたせることで、軽くて乾きやすいやわらかなタオルを目指しました。ヨコ糸には凸凹のある柔らかいスラブ糸を使って白波を表現。「魚の骨」を意味するヘリンボーン織りを部分的に配してゆったり広がる海をイメージしています。

洗うほどに、ふっくらと。

インドの高級綿「シャンカール6」を厳選して特殊紡績した毛羽立ちが少なくしなやかな糸を使用し、少しだけ長めに織り上げたパイルは、お洗濯するとふっくら立ち上がりボリュームアップ。 吊るし干しの場合は干す前にしっかりタオルを振りさばいて。乾燥機の場合は槽内をぎゅうぎゅう詰めにせずゆったりと乾かすのがボリュームをキープするコツです。

umi 販売時と洗濯後のボリューム比較写真

スポーツとの相性も◎

薄手でコンパクトにたためるのでジムやランニング、温泉など、屋外に持ち出すのにも便利。しっかりとした感触のパイルがスポーツ後の汗も気持ちよく拭き取ってくれます。ハンドタオルは大判ハンカチとして普段使いにおすすめ。毛羽が出にくい糸なのでキッチンクロスとしてお使いいただくこともできます。

umi 木製ベンチに置かれたイメージ

安心の今治タオル

「今治タオル工業組合」独自の品質基準に合格した、高品質のタオル商品であることを保証する今治タオルのブランドマークつきです。
今治タオル認定番号:第2013-1010号

umi 今治タオルマークつき

社内ユーザーの声

実際に使っている伊織スタッフに聞きました! ※個人の感想です

ガーゼのやわらかさ。

ガーゼ面のサラサラとした肌ざわりが好きです。肩にガーゼ面を髪にはパイル面を当て、主にヘアドライ時に使っています。色が派手過ぎず、ヘリンボーン織りのデザインも清潔感があるので部屋馴染みも良くて気に入っています。約2年ほど使用していますが見た目の使用感は多少あるものの、機能性は変わらず、水をよく吸ってくれています。

営業本部スタッフ(20代 女性)
バスタオル使用
縦型洗濯機 / 日陰干し

洗ってもふんわり

洗顔用として使用。吸水/速乾性を兼ね備えており、使用感の良さから手に取ることが多いタオルです。 肌当たりも優しいので、肌が敏感な時期などにも使いやすいです。洗うとパイル面のふんわり感が予想以上に増すため、いい意味で驚きます! 部屋干しが多いのですが、薄手で素早く乾いてくれるので重宝しています。

店頭スタッフ(20代 女性)
ウォッシュタオル使用
縦型洗濯機 / 日陰干し

水まわりでも活躍。

しっかり拭きたい時には物足りなさを感じることもありますが、洗面所や台所などの水回りではサラッと拭けて、普通のタオルより速く乾いてくれるので、衛生的で使いやすいです。薄手でコンパクトなので、くたびれてきたなと感じたら、アウトドア用タオルとして外でガシガシ使ってます!

店頭スタッフ(30代 男性)
フェイスタオル使用
縦型洗濯機 / 日陰干し

『umi(ウミ)』バスタオル

umi
バスタオル

約68×130cm

¥4,950(税込)

『umi(ウミ)』フェイスタオル

umi
フェイスタオル

約34×80cm

¥1,980(税込)

『umi(ウミ)』ハンドタオル

umi
ハンドタオル

約34×35cm

¥1,100(税込)

『umi(ウミ)』ハンカチタオル

umi
ハンカチタオル

約25×25cm

¥880(税込)

お手入れのお願い

  • 使い始めに毛羽が出る場合がありますが、数回のお洗濯でしっかり毛羽を洗い流すことで、その後はスッキリとお使いいただけるようになります。
  • 柔軟剤は毛羽落ちだけでなく吸水性の低下や糸抜けの原因となります。タオルの硬さが気になり始めたときにだけ少量のご使用に留めてください。
  • 一度水洗いしてからお使いいただくと、生地が締まって糸抜けしにくくなります。
  • 色落ち試験をクリアした商品ですが、念のためはじめの数回のお洗濯では、濃色タオルは白物と分けてください。
  • 濡れた状態で他の洗濯物と一緒に放置しておくと色移りする可能性がありますのでお避けください。
  • 衣類他と一緒にお洗濯する際は、ファスナーやボタン等がタオルに引っかからないよう衣類を目の細かい洗濯ネットに入れてタオルと接触しないようにお気をつけください。
  • 乾燥機をお使いの場合は洗濯物を詰め込みすぎず、できるだけ槽内でタオルがゆったりと泳ぐように乾かしてください。
  • パイルの一部が長く飛び出した場合はハサミでカットしてかまいません。
umiイメージ写真