伊織とタオル

IORI News & Blog

20160506towel20

子供のための賢いハンカチ選び

学校や幼稚園に行く子供に持たせるハンカチ。 吸水性がよくて、しかも乾きやすいものを持たせたい! と思うのが親心ですよね。 でも、子供服や制服のポケットって以外と小さい。 特に幼稚園児や小学校低学年だと […]

20160506towel10

ドライユースとウェットユース

乾いた状態で使うドライユース、濡らして使うウェットユース。 タオルはサイズだけでなく、用途によっても分類があることをご存知ですか。 バスタオル、フェイスタオルなどはドライユースの代表です。 濡れた体、 […]

綿

タオル用原糸の紡績工程

品質の高いタオルをつくるためには、厳選された綿を糸に紡ぐ工程も重要です。 糸の原料になる綿花はアメリカやエジプト、インドなど国や品種によって特徴があります。 まず混打綿という工程では、綿ほぐしてゴミが […]

綿製品は何故縮むのか

[コラム] 綿はなぜ縮むのか

タオルはその多くに綿を使っておりますので、多少の差はあれ縮んでいくものです。   これは原綿から繊維を取り揃えて糸に紡いでいく過程で引っ張りながら撚りを掛けているためです。そのあと、タオル生 […]

吉野ヶ里遺跡

[コラム] 古代文献に見る日本の織物

古代の日本を知る上では魏志倭人伝が最も古い文献となりますが、そこに記載されている当時の日本の風習に以下のような文があります。 「禾稲(かとう)、紵麻(ちょま)をうえ、蚕桑緝績(さんそうしゅうせき)し、 […]

タンギス綿とは

[コラム] タンギス綿とは

タンギス綿はペルーの在来綿であり、バルバデンセ(超長繊維綿)の分類に入ります。バルバデンセは、綿花品種の中で繊維が最も長く、大部分が超長繊維綿あるいは長繊維綿に属し、高級綿製品の原料として使われていま […]

もじりちぢみ草木染め

工房織座の草木染め・ハーブ染め

古くからライフスタイルの中で使われてきた天然素材だけを使い、伝統的な技法で染め上げたのが草木染め。オーガニックコットンを使ったものが多いので肌に優しく、同じ製品でも、ものによって染め具合のムラが違うこ […]

ガーゼタオル

ガーゼタオルについて

薄くて軽やかなガーゼタオル。赤ちゃんや敏感肌な方にもやさしい布として今も使われている素材のタオルです。ボリュームも通常のタオルの半分以下なので、洗濯時も収納時もかさばりません。 ガーゼを多重織りにして […]

20160504towel2

タオルのヘムとミミの違い

タオルを横向きに置いたときの左右の縫製部分がヘム。 タオルを横向きに置いたときの天地の縫製部分がミミです。 ヘムがしっかりと縫製されていないとタオルの寿命が短くなり、洗濯時にほつれが 生じたりします。 […]

hane

中空糸(ちゅうくうし)とは

厳選された中長綿(米綿)を使用。軽量中空糸を解撚して綿状にすることで、想像を超える軽さと柔らかとボリュームを実現しました。 中空糸とは、一見普通の糸のように見えても、中心近くにあるはずの繊維がない糸で […]

伊織のやわらかタオル

タオルの綿と種類

毎日の生活で使うタオル。といっても種類は様々で用途や好みによって使うタオルも変わります。 海島綿(かいとうめん) 繊維が長く、強さとしなやかさを併せ持った海島綿。カリブ海のごく限られた地域でしか育てら […]

タオルの刺繍、検針

[コラム] 検針済みとは

タオルの製造工程においてはヘムや耳の縫製などがありますのでミシン(針)を使います。 ミシンをお使いになられる方はご存知でしょうが、稀に針が折れるのですね。折れた針がタオルに混入していないか、探知機を用 […]