伊織 道後湯之町展 二人展 BAKEL

愛媛・道後|4/27〜|池田麻人×山本和哉 二人展 VOL.3:砥部焼作品展示・販売

道後湯之町店

伊織 道後湯之町店から、GWのスペシャル・イベントのお知らせです。

昨年5月にvol.2開催し、大変ご好評いただきました池田麻人さんと山本和哉さんの二人展のvol.3を開催いたします!!

二人店 リーフレット

二人店 リーフレット

池田麻人×山本和哉

二人展 VOL.3

期間: 2019年4月27日(土)〜なくなり次第終了
※4/28(日) 11:00~15:00 両氏在廊予定
場所: 伊織 道後湯之町店(愛媛)

龍泉窯の池田麻人氏、和将窯の山本和哉氏。
両氏の砥部焼作品は、曲線美と独特の世界観で伊織 道後湯之町店でもたいへん人気です。

それぞれの作品はもちろん、前回の二人展同様、貴重な「合同作品」も販売いたします!!
通常の流通ルート、マーケットではなかなか手に入らない合同作品。数量限定 1点ものもございます。どうぞお見逃しなく!

砥部焼が好きな方、お二人の作品のファンの皆さま、今年のゴールデンウィークにはぜひ、伊織 道後湯之町店2Fにおいでください。
なお、4月28日(日)11:00~15:00は池田麻人氏、山本和哉氏が在廊予定です。


池田麻人 イメージ 砥部焼 龍泉窯
池田麻人(龍泉窯)

1979年生まれ。 愛媛県砥部町出身。1997年佐賀県立有田工業高等学校卒業。
2006年から2008年にかけて、外務省管轄JICAよりエジプトアレキサンドリアに派遣され、現地の子供たちに陶芸の指導を行い学び合う。2008年以降、龍泉窯にて作品作りを再開。 東京、アメリカを中心に個展、展示会を継続中。


龍泉窯は先代の池田國義が創立した龍峯窯から、1977年に独立し新たに開窯しました。 龍峯窯から数えると45 年の歴史があります。「龍泉」の命名は京都八坂神社の門前茶屋である、二軒茶屋中村楼の辻重光様(先代)によるものです。 清らかな水の流れ 自然に咲き乱れる草花をテーマに、自由でおおらかに使うことのできる食器作りを目指しています。


山本和哉 イメージ 砥部焼 和将窯
山本和哉(和将窯)

1980年生まれ。2000年デザイン専門学校を卒業し和将窯に入る。
2005・06・07・12・13年 砥部焼祭新作展 入賞
2009・11年 21世紀えひめの伝統工芸大賞 入賞
2007・14・16年 愛媛の陶芸展 最優秀賞
2008・09・10・11・15年 愛媛の陶芸展 優秀賞


和将窯は愛媛県指定無形文化財「砥部焼」の窯元として 1988年に創業。 砥部焼のその多くは、やや厚手の白滋に、呉須と呼ばれる薄い藍色の手書きの図案で作られていますが和将窯では、白と黒をコンセプトとした独自の作品作りに励んでいます。2007年愛媛陶芸展での受賞の際、独自に編み出した模様(エチュード模様)で一躍有名になり、新しいデザインを次々に作り上げ、数々の賞を受賞しています。


この機会にぜひ、お二人の作りだす砥部焼の世界をご堪能ください。
伊織 道後湯之町店スタッフ一同、皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

※写真はイメージです。数量限定生産のため完売次第終了となります。ご了承ください。

開催期間:2019年4月27日(土)〜なくなり次第終了


伊織 道後湯之町店

https://www.i-ori.jp/user_data/iori_yunomachi.php

790-0842
愛媛県松山市道後湯之町20-21(道後商店街アーケード内)
TEL.089-913-8122
FAX.089-913-8133
営業時間:9:00-21:30(年中無休)

※駐車場:無し(道後公園にコインパーキング有)
※ご来店には公共交通機関等をご利用ください。伊予鉄道市内路面電車・道後温泉駅より徒歩5分です。

[TAX-free shop / 免税店]


 

 

【こちらの記事もご覧ください】