伊織 KITTE丸の内店/シン・エヒメ 豆皿祭 砥部焼

東京・丸の内|1/26〜2/17|砥部焼 豆皿祭 in シン・エヒメ

※ご覧のページの表示価格(税込)は旧税率のままの可能性がありますのでご了承ください。

KITTE丸の内店/シン・エヒメ】
こんにちは。愛媛の焼きもの、砥部焼(とべやき)フェア開催のお知らせです!
昨年ご好評いただいた「蕎麦猪口祭」につづき、手のひらにすっぽり収まるサイズ感の砥部焼皿を集めた「豆皿祭」を開催します。

 
砥部焼 豆皿祭 伊織 KITTE丸の内店/シン・エヒメ

 

砥部焼

豆皿祭

期間: 2019年1月26日(土)〜2月17日(日)
場所: 伊織 KITTE丸の内店/シン・エヒメ(東京)

10窯元、約80種類の豆皿&小皿が東京・丸の内のシン・エヒメ店内に並びます!
どれも丈夫で使いやすい、暮らしになじむ砥部焼の器たちです。

10窯元、約80種類の豆皿&小皿が一堂に!!

今回もまた、砥部で活躍している多くの窯元にご協力いただきました!
迫力ある大胆な柄や緻密で繊細な柄、白磁と藍のコントラストを活かしたもの、素朴でやわらかな雰囲気のもの。それぞれに美しく、そして愛らしい豆皿&小皿の世界を覗いてみませんか。

砥部焼 豆皿 杉浦綾

愛媛の焼きもの、砥部焼とべやき

約240年の歴史を誇る四国最大の焼きもの産地・愛媛県砥部町とべちょうで、地元の陶石原料を生かして作られているのが砥部焼です。
青みがかかった滑らかな白磁に、「」と呼ばれる藍色で描かれた手書き模様が特徴で、茶碗や湯飲み、蕎麦猪口など、素朴でぬくもりの感じられる実用的な暮らしの器、普段使いの器として広く愛されています。
躍動感あふれる唐草紋や、すらりとした曲線が特徴のナズナ紋、太陽と蔓を象った太陽紋など伝統的な砥部焼の意匠に加え、若手作家や女性作家による新しい色使いや柄、作品も数多く登場しています。

伊織 KITTE丸の内店/シン・エヒメで、手しごとが生み出す砥部焼のあたたかさ、美しさ、力強さを感じていただきたいと思います!!
この機会にぜひ、お気に入りの器を見つけにいらしてください。

伊織 KITTE丸の内店/シン・エヒメ

伊織 KITTE丸の内店は、今治タオル製品をはじめとする上質なタオル雑貨、生活雑貨などを取り揃え。
併設の愛媛のアンテナショップ シン・エヒメには愛媛の名産品、お酒やお菓子、柑橘加工品、工芸品などを取り揃えています。
愛媛の魅力あふれる品々は、ご自宅用はもちろん手土産や贈り物にもおすすめです。
皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

豆皿祭 開催期間:2019年1月26日(土)〜2月17日(日)


伊織 KITTE丸の内店

https://www.i-ori.jp/user_data/iori_marunouchi.php

100-7002
東京都千代田区丸の内二丁目7番2号
KITTE丸の内 2F
TEL.03-6551-2030
FAX.03-6551-2031
営業時間:11:00-21:00(日・祝は20:00 close)
(休日は施設に準じる)

[TAX-free shop / 免税店]※
*Tax refunds will be provided if you have purchased a total of 5,400 yen’s worth of merchandise or more (including tax) at the same store on a single day. General goods and consumables are totaled separately.


 

 

【こちらの記事もご覧ください】