重要なお知らせ

キーワードで検索

『リネンコットン ちぢみスヌード』 ラベンダー

商品番号 322016056003
当店特別価格 ¥ 5,940 税込
[ 54 ポイント進呈 ]

カートに入れる

閉じる

  • 商品のご紹介
  • 商品詳細説明
  • レビュー
透明感としっかり感をあわせ持つスヌード。 レース調の薄地とほどよく厚みのある生地の2種をつなげた新しいスヌードです。 麻混でさらっと手触りで、二重巻きにしてしっかりと首を包んでくれるボリュームがあります。 厚地を肩にかけて冷房対策しつつ、薄地を全身にもってきて清涼感のある肩掛けとしても使えます。
『リネンコットン ちぢみスヌード』シリーズはこちら »
工房織座イメージ

全国に普及した名機、豊田式織機

工房織座では、昭和初期から中期に作られた特色ある織機を現役で使っています。もっとも古いものが豊田式織機で、トヨタ自動車創始者豊田佐吉が考案した織機です。約40cm幅の着尺巾といわれる反物のサイズを、シャトルが往復することで自動的に織られます。
現役で使われていた当時は、晒しの反物や手ぬぐいや、おしめなど一般的な平織りの布が作られていました。まだまだ手織りが主流であったこの時代に、性能のよい豊田式織機はまたたく間に全国に広がりましたが、近代化に伴い、さらに高速の大型織機が作られたことで徐々に衰退し、次々と鉄くずとして処分されてしまいました。

工房織座イメージ

織機の復元と改良、オリジナル織機へ

工房織座の代表で職人である武田正利氏は、40年近く今治市のタオル工場の現場に勤め、現代の高速革新織機で高品質なタオルの生産に精力を傾けていましたが、全国各地の織物産地や織機の研究を重ねることで、昔の低速で織る、着尺巾の織機には、最新織機では難しい独創的な技法や風合いを表現できることに気付きます。

こだわりの織物づくりがしたい。その思いから、タオル工場を退職後、昔の着尺一列機での織物づくりを始める決意をし、全国各地の織物産地を行脚、破棄処分されている特色ある着尺一列機を集めます。しかし数十年動いていない織機はさび付き、部品も不足し、動かせるような代物ではありませんでした。そこで持ち帰った4台をすべて分解し、使える部品で復元、ようやく2台動かせるようになりました。さらにタテ糸が自由自在に操れるよう、ヨコ糸も特殊に動かせるよう、大幅に改良を加えていきました。改良に改良を重ねることで、この世に2つとないオリジナルの着尺一列機を完成させたのです。

工房織座イメージ

心地よい織物

復元し改良された着尺一列機で織られたマフラーやショール、キャップなどは、その多くが着尺巾の特性を生かしたものづくりです。着尺の巾なりで一枚ずつ織るため縫製加工を施さない商品がほとんどで、縫製による固さを感じない、すっきりとした織物に仕上がります。また、シャトルでヨコ糸に空気を含めながら織るため、出来上がった織物はとてもやわらかく軽やか、肌あたりが良くて心地よい、それでいて頑丈で、普段使いに気軽に身にまとえます。
工房織座では、特色ある着尺一列機を駆使し、1枚1枚心を込めて「ゆっくり」と、存在感のある織物づくりを続けています。

(出典:TOKIORIZA2012A&W)



受賞暦多数
第三回ものづくり日本大賞 経済産業大臣賞受賞
「昭和初期のレトロ織機を操り、世界初のたてよこよろけもじり織りや独創的商品を開発」
21世紀えひめの伝統工芸大賞 準大賞
グッドデザイン賞
アジアデザイン賞
THE WONDER 500 選出
商品コード
322016056003
カラー
ラベンダー
素材
綿80%・麻20%
サイズ
約76cm×56cm(フリンジ込み)・円周約152cm
織り
多重平織り
生産国
日本
メーカー
工房織座
配送区分
通常配送
備考
※こちらの商品の名入れ刺繍は承っておりません。
※繊細な織物ですので、ボタン・ファスナーへの引っかかりにご注意ください。
工房織座のストール・マフラーお手入れ方法

一緒に見られている商品 YOU MIGHT ALSO LIKE

チェックした商品 CHECKED PRODUCTS

実店舗について SHOP INFO

伊織は日本国内に14店舗

取り扱い商品・サービス内容は各店舗によって異なります。
詳細は各店舗へお電話でお問い合わせください。
また、オンラインショップのフリーダイヤル0120-14-2020でもご質問を承っております(平日:10-17時/土日祝:休)

全国の実店舗一覧

伊織